永源寺マルベリーのこと

2003年、過疎化が進む永源寺地域のまちづくりの振興をはかり、耕作放棄地を桑畑で復活するプロジェクトが動き出しました。

協力企業・専門家の先生方のご意見を賜りながら試行錯誤を繰り返し、地域高齢者の皆様のご協力を頂きながら、現在では耕作面積が約8ヘクタール(2017年)になるまでの成長を遂げました。

そして、近年では栽培することが難しいとされている植物「明日葉」の安定供給にも成功しております。

弊社で栽培した桑や明日葉は、通販会社様や製薬会社様へ青汁の原料として納品しております。

さらに、各大学薬学部の先生方や、滋賀県・東近江市の職員様と事業を通して意見交換し、「産・官・学」連携を行っており、地方活性化を目的に日々活動をしております。

私たちは、山間地域で耕作放棄地を開墾し子供から高齢者の方々が活躍できる農業(ユニバーサル農業)を目指して行きたいと思います。