桑のちから

お蚕さまのエサとして、薬として、お茶として……。

昔から人々の身近な存在であり、親しまれてきた『桑』には、
桑ならではの力が秘められています。

古い歴史を持つ『桑』

弥生中期ごろ、日本に伝わった養蚕技術は稲作と共に古い歴史があります。

万葉集にはカイコや繭をよんだ歌がいくつもあり 人々の身近な存在であったとうかがえます。絹を生み出すカイコは、お蚕さまとよばれ、大切にされ、そのお蚕さまが食べる唯一のものが”桑の葉”です。

古来よりの漢方薬

古代シルクロードの時代より桑は存在し、中国では桑はその果 実、葉、枝、根・・・植物全体が漢方薬。

熟した実を乾燥させて冷え性や、不眠症に(桑椹・そうじん)、 桑の葉は補血作用から目や肝臓の疲れ取りに、桑白皮とよばれる根や茎の皮の白い部分は消炎にと、余すところ無く利用されてきました。

日本でも今から八百年も前、鎌倉時代の頃からその効果が認められていたのです

それを知らしめたのが栄西さんという禅宗(臨済宗)の開祖で、 その著書『喫茶養生記』の中に『桑の葉をお湯で煎じて飲めばいい』とはっきり書き記してあります。 つまり、それだけ歴史と伝統のある食材なのです。

桑ならではの力!

近年より科学的検証が行われ、有効な成分が入っていることが次々と明らかになっています。特に他の野菜や植物では見られない桑特有の1-デオキシノジリマイシンがすばらしい効能を発揮しています。

弊社はその成分に注目し、たくさんある桑の品種から1-デオキシノジリマイシンが多い品種を選んで栽培しております。

他にも桑には、カルシウム、亜鉛、鉄を多く含むため、スーパーフードとして人気を高めています。