永源寺マルベリーの農園だより

畑にっき

冬のしごと「剪定」

冬の桑畑は寒さをじっとこらえた静かな世界です。

暖冬とはいえど、冷たい雨、風にさらされ、雪野になる日もあります。



この時期は春に向けた大切な作業がたくさんあり、そのひとつが写真の剪定作業です。

去年の枝をそのままにしておくと、脇芽が伸び放題になります。

枝が混みあうと葉が小さめになり、桑摘みも手間がかかります。

なので、大な葉を効率よく摘むために欠かせない作業なのです。



1本の木から伸びる枝は、樹齢や木の状態にもよりますが、だいたい8~15本。

幹から2~5㌢くらいのところで1本1本ノコギリを使って切り落とします。



天気のよい日は汗をかくほど。

雨や雪など難儀な日もありますが、春の芽吹きを想い日々がんばっています!

 

繭湖

 

 
一覧へ戻る

カテゴリ

すべての投稿

最近の投稿

投稿年度で探す